フレッシュにはじける若さで制服を着こなす、女子高生の魅力に大注目。

女子高生を部屋に連れ込みAV鑑賞、セックスを盗撮

女子高生を部屋に連れ込みAV鑑賞、セックスを盗撮
突然の電話で驚いていますが心の中ではAVのような展開を期待しちゃいます。JKから電話がかかってくるのは性欲が収まりきらない証拠だからです。高まるエッチな気持ちを抑えて迎えに行って、興奮しながらAVを見せてしまいます。興味があって、AVを見せてもらいたい気持ちだったのですが、いきなりのパンチラから、からかいにきたことは明白です。生意気なJkだけに、AVを見たときの態度の変わりようには押し倒して、犯したくもなってきます。いやらしい視線をぶつけながら、興奮しているために、からかわれても緊張は解けません。まさかJKがこんなに簡単にパンティを濡らしてしまうとは思いませんでした。AVを見続けていると段々と股が広がってきて、知らないうちに濡れてくるパンティはセックスの要求が強くなっていることをあらわしてきています。触っても居ないのに、勝手に濡れてくるパンティに性欲を抑えきれなくなってきてしまいます。AVを見ているときには最初だけ笑っていたはずが、興奮してしまいます。AVこそ始めてみたはずのJKもセックス中毒になってしまっていると、相手にはこだわりません。誰でもいいからマンコの中に挿入して、激しく弄繰り回して欲しくなってしまうのです。キスをしてからはセックスまでが示し合わせたように早くなってしまいます。パンティを脱いでマンコを弄ってもっと濡らしてもらってから、フェラチオもしてくれます。我慢が出来なかったので、やっとありつけたちんこに対してはAVよりもいやらしい音を立ててしゃぶり続けます。セックスも大きくなったチンコを見てからは生で挿入をして欲しくなってしまいます。じっくりと前戯をこなしていたので、ゴムをしないままで挿入をしたくなっていたのです。生で入れるセックスが一番気持ちいいので、そうしたくなってしまったのでしょう。大きなちんこにありつくと、我慢が出来ないのです。もはや見に来たAVは途中で放棄して、騎乗位をまずは堪能してしまいます。気持ちよすぎて腰が勝手に動いてしまうのはJKでも同じです。ただし、最後に中出しされてしまうことまでは想像できなかったようです。チンコを抜けない状態で逝ってしまうと、中出しをされた後にも、抜かずに固まってしまいます。一瞬のパニックになる表情と戸惑いがリアルです。AVよりもAVらしいフィニッシュをしてしまいました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


二 × = 16

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー